債務整理 弁護士 司法書士

全国や地方在住の方が借金返済など、お金の相談をするならどこがいい?

借金をどうにかしたい

借金の問題、多重債務の悩み。
お金・借金の悩みは、自分一人では解決が難しい、大きな問題です。
ですがいきなり、弁護士・司法書士に相談するのも、ちょっと不安な気持ちになってしまう、という人も多いでしょう。
当サイトでは全国や地方で借金のことを相談する場合に、オススメの相談事務所を厳選して紹介しています。
ネットを利用して相談することが可能なので、初めての相談という人も安心です。
また、全国や地方にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にしてください。

全国や地方に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済や多重債務問題の相談なら、こちらの事務所がおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料はもちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能です。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、借金・債務に関して相談することができます。
しかも、24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務や過払いの問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリの方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を支払えます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので全国や地方に住んでいる人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



全国や地方周辺の他の法務事務所や法律事務所を紹介

全国や地方には他にも複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。




全国や地方にある地元の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

全国や地方で借金の返済問題に悩んでいる方

借金が増えすぎて返済できなくなる理由は、浪費とギャンブルがほとんどです。
パチスロや競馬など、中毒性のある賭博に夢中になり、借金をしてでも続けてしまう。
しだいに借金はどんどん大きくなり、とても完済できない金額に…。
もしくは、キャッシングやクレジットカードなどでブランド物や高級品を買い続け、借金も増え続ける。
バイクや車の改造など、金のかかる趣味につぎ込んでしまう、というのも浪費と言えます。
自分の責任で作った借金は、返済する必要があります。
ですが、高い利子ということもあり、返済するのが難しい。
そういった時にありがたいのが、債務整理です。
弁護士や司法書士に相談し、借金の問題の解消に最良の策を探し出しましょう。

債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも色々な手段があり、任意で信販会社と話しする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産・個人再生等のジャンルが有ります。
ではこれ等の手続につきどの様な債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これらの3つの手法に同様にいえる債務整理の欠点は、信用情報にそれ等の手続きを進めた旨が掲載されるという点ですね。俗に言うブラック・リストという情況になるのです。
すると、概ね五年から七年くらいの間、ローンカードが創れなかったり又借り入れが出来ない状態になるでしょう。だけど、あなたは支払額に日々悩み苦しんでこれ等の手続を実施する訳だから、もう少しだけは借入しないほうがよいのではないでしょうか。
クレジットカードに依存している人は、逆に言えば借り入れが出来ない状態なることでできない状態になる事で救済されるのではないかと思います。
次に自己破産や個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれらの手続きを行ったことが掲載されてしまう事が挙げられるでしょう。けれども、貴方は官報など見た事がありますか。逆に、「官報ってどんなもの?」という人のほうがほとんどじゃないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞みたいな物ですけれども、やみ金業者等のごくわずかな方しか見てないのです。ですので、「自己破産の実情が周囲の方に広まる」等といった心配はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1辺破産すると7年という長い間、2度と自己破産はできません。これは配慮して、2度と破産しなくてもいいように心がけましょう。

個人再生手続きは弁護士と司法書士のどちらが良いか/債務整理

個人再生を実施する際には、弁護士と司法書士に依頼を行う事が可能です。
先ず、司法書士に個人再生の手続きを頼む場合、書類作成代理人として手続きを代わりに進めてもらうことが出来るのです。
手続を実行する場合に、専門的な書類をつくり裁判所に提出することになるのでしょうが、この手続きを一任する事ができるから、ややこしい手続きを実行する必要が無くなってくるのです。
ただし、司法書士の場合は、手続きの代行をすることは出来るんですけれども、代理人では無いために裁判所に出向いた際に本人にかわり裁判官に答える事が出来ません。
手続きを実行していく中で、裁判官からの質問を受けた時、自身で回答しなければいけません。
一方、弁護士の場合、書類の代行手続きだけでなく、裁判所に行った場合に本人の代わりに答弁をしてもらう事ができます。
弁護士は、個人再生をはじめとする債務整理手続きに精通してる情況になりますので、質問にも的確に受け答えをすることが可能で手続が順調に実施できるようになってきます。
司法書士でも手続きをおこなうことはできますが、個人再生において面倒を感じる事無く手続を実施したい場合には、弁護士に頼んだほうが安心する事ができるでしょう。

関連ページ